ビーグレンのシミケア化粧品の使い方

ビーグレンのシミケア化粧品の使い方

ビーグレンの中で、シミケアに効果があるのはビーグレンホワイトクリーム1.9です。チューブのパッケージに入っている白いクリームで、これを気になる部分に塗って使います。

 

具体的な使い方は、1回の使用量は真珠粒くらいの大きさです。ケチって少なくしてしまうと効果が実感できないので、最低量は真珠粒くらい使いましょう。

 

真珠粒くらいの量を手のひらにとり、おでこや両頬、鼻の頭、口の下と5箇所に塗っていきます。こうすると均一に顔全体に塗り伸ばしやすくなります。

 

次に中指と薬指を使い(力を入れすぎないため)、顔の内側から外側に伸ばしていくようにして塗り広げます。目の周りは優しく円を描くようにして広げます。
最後にハンドプレスして馴染ませます。ハンドプレス効果によって手のひらの温かさでクリームが柔らかくなり、浸透力が高まります。

 

ビーグレンを使う時の注意点として、配合されている漂泊成分のハイドロキノンは紫外線の影響を受けやすいので紫外線を浴びない時間に使ったほうがいいです。例えば夜にあと寝るだけになってから塗るといいでしょう。

 

ハイドロキノンは安全性は問題ないと言われていますが、念のため授乳中や妊娠中は医師に相談することをオススメします。

 

 

ビーグレンに入っている美白成分は?

美白になるためには、すでにできてしまったシミを薄くする漂白と、今後はシミができないようにするための予防の両方のケアが必要です。つまり、どちらかだけ一生懸命やっていても美白にはなれないということです。この両方のケアを実現できるのがビーグレンです。

 

まず、漂白型の成分としてハイドロキノンが配合されています。薄くなったシミを薄くする効果があり、シミ取り化粧品やニキビ跡化粧品によく使われている成分です。

 

さらに、ビーグレンには予防型の成分としてβホワイト(オリゴペプチド-68)とピュアビタミンCも配合されています。βホワイトはシミを作らせる指令を止める成分で、ビーグレンのQuSome1.9に含まれています。ピュアビタミンはシミの原因となる活性酸素を抑えます。

 

ビタミンC誘導体と異なり、即効性があります。本来ビタミンCは壊れやすいという弱点がありますが、ビーグレンは独自のテクノロジーのQuSome技術でピュアビタミンを壊さずに届けられるように工夫してあります。

 

ハイドロキノンは美白成分として有名で、現在ではこれ以上に効果的なものはないということで皮膚科でも肝斑の治療薬として処方されています。
ビーグレンは漂白と予防の両方のケアで白い肌に導いていくということですね。

 

⇒ビーグレンの公式サイトはこちら